読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オタクのメモ

文章の練習

パンチライン ダブルミーニングと言葉遊びの地獄

虚無 Advent Calendar 2016 - Adventar の22日目です。

パンチラインについて

www.punchline.jp

パンツを見たら人類滅亡。そんなキャッチフレーズで始まったパンチライン。 ストーリーの説明はこれを見て

www.punchline.jp

監督自ら9話からが本番と言ったくらい8話までの前フリが多く、 こちらを笑わせにくるのはおそらく緻密に書き込まれたショーツの類だけでしょう。 1話が公開されたときは「日本終わったな」「むしろ始まった」「変態の天下統一だ」などと少しばかり 懐かしい表現が珍しくツイッターの作品ハッシュタグを飛び交いました。いや、そんなことはなかったかも 確認は自分でしてくれ

パンチライン パンツ - Google 検索

もともとはゲームの企画だったものがアニメにも流用され、映像化と相成ったわけですが、 ゲームのつもりで尺が取られているため、面白い?ところの分配が後半に偏っています。 ゲームであれば、名作と呼ばれる作品でも前半や中盤はプレイヤーに思い入れを作ってもらうためか、 少々かったるくてキャラクターの人柄がよく現れているエピソードが挿入されることがままありますが、 この作品もキャラクターをピックアップした話数が挟み込まれています。

つらいところは、監督が伏線大好き人間で、キャラクターのピックアップ回でも伏線を貼ろうと頑張るあまり 伏線に話が飲み込まれている節があります。 僕がクソアニメだの虚無アニメだの言う作品はだいたい、前後の話が繋がっていなかったりことさら意味がない設定を 突拍子もなく出してきたりするときに言っているのですがこの作品も例にもれず、 伏線にするために関連性の見えにくい設定をぱらぱら出してきます。 あとでそれなりに繋がってくるのですが、つながることを前提にだされる設定それぞれにはあまり意味がなかっりあったりするので、 結構見ててつらいです。

個人的に見ていたモチベーションは、このアニメが放送さてたクールの前だったか2つ前だったかの季節に放送されていた 「未確認で進行形」の三峰 真白役 吉田有里さんがマスコットキャラクターの声を担当してたこととヒロインらしきキャラクターが雨宮天さんだったため12話まで 見ていました。結構辛かった。

そして再度大切なことを言うとこの作品はゲームシナリオの流用だということです。 ゲームにはマルチエンディングというものがあり、そしてなんということかこのアニメはせいぜいがグッドエンドなのです。 トゥルーエンドはゲームで! なやり方なわけで、アニメを見るよりゲームしてたほうが良いんじゃないかなってのがこのアニメでした。